トップ サービス WebAlert 機能 管理画面

管理画面

2010年のリリース以来、多くのお客さまにお引き立てを頂戴しておりましたマルウェア感染通知・検知サービス「WebAlert」ですが、
2016年12月19日(月)18時をもってサービスを終了いたしました。これまでありがとうございました。

なお、「WebAlert」の機能・診断精度を一層向上させ、マルウェア感染通知・検知に加え、
駆除・削除を実現する新サービス「SiteLock」をご用意しています。[詳細]

主な機能

お客さまのWebサイトを診断した結果は、グラフィカルなレポートにまとめます。診断レポートと過去に行った診断の履歴は、一定の間、管理画面上で閲覧できるようになっています。
また、お客さま指定のメールアドレス宛てに診断レポートをメール(HTML形式)でもお送りしますので、時間や手間をかけず、手軽に診断結果を確認できるのでとても便利です。

機能詳細

オンデマンド診断

診断時の安全性を確認するのに最適です。自社のWebサイトやこれから訪問予定のWebサイトの安全性を診断し、マルウェアの危険度を診断レポートとして生成します。

定期診断

インターネット上でWebサイトを運用している以上、マルウェアの危険性とは常に隣り合わせの状態です。定期的にWebサイトを診断して、マルウェアフリーな健全な状態であることを随時確認しましょう。

レポート通知

万が一、マルウェアに感染した場合、特徴に関する情報が表示され、感染したWebサイトの場所を特定し、注入された不正なリンクや不正なコードソースを明らかにします。

監視/検出

WebAlertは、パターンが限られない挙動分析テクノロジーを利用し、Webページへ注入された不正なコードを検出して分析します。また、マルウェアが検出された場合、リアルタイムで即時にマルウェアの挙動に関する詳細をメールにて通知します。

メール設定

マルウェア感染を検知した時点でお客さま指定のメールアドレス宛てに感染通知のメールをお送りします。早期発見は、より迅速かつ適切な処置へと繋がります。

WebAlertログインはこちら

WebAlertの管理画面はこちらからログインできます。

お問い合わせ