トップ 用語集

用語集

セキュリティー用語集

セキュリティーに関する説明や解説で、良く使われる専門用語・略語を集めて解説しています。SecureStar提供のサービス各種をご利用する上で、また当Webサイト閲覧などにお役立てください。

ひらがな

アルファベット

V

回答

VA

「VA」とは、「デジタル証明書の失効リストを集中的に管理し、証明書の有効性を確認することに特化した組織」のことである。

VAは、電子的な身分証明書を発行する認証局が発行した、公開鍵が真正であることを証明するデータ、デジタル証明書の失効リスト(CRL)を一括管理して、デジタル証明書の有効か無効かを確認する組織のことです。
VAは、デジタル証明書の有効性を確認する検証機能のみを行うので、証明書を発行する認証局とは区別する意味合いから異なる名称がついています。VAがCRLを集中管理することで無効な証明書にすばやく対応することができます。
デジタル証明書の信頼性は認証局の信頼性に依存するので、本人確認が重要な使用目的の場合は、信頼のある認証局からデジタル証明書を発行する必要性があります。

VPN

「VPN」とは、「仮想私設網とも呼ばれる、公共に提供されているネットワークを利用した仮想的なプライベートネットワークのこと」のことである。

通信事業者の広域IP通信網サービスを利用したものをIP-VPN、インターネット回線を利用したものをインターネットVPNといいます。

企業などでの拠点間接続では、専用線接続やダイヤルアップでのリモートアクセスが主流でしたが、専用線よりコストを抑えられる、IPSecを使用した暗号化技術により強固なセキュリティを確保できるという理由で、専用線にかわる技術として浸透してきています。また、トンネリングという技術により、TCP/IP以外のプロトコルでの通信ができるのも特徴です。インターネット技術の標準化を進めるIETFにより、IPSecの技術が標準化されているので、他ベンダー同士での機器でも接続可能とされています。

ScanNetSecurity

SecureStarのサービス一覧

  • WebAlert
  • AlertMe
お問い合わせ
ISMS