トップ 用語集

用語集

セキュリティー用語集

セキュリティーに関する説明や解説で、良く使われる専門用語・略語を集めて解説しています。SecureStar提供のサービス各種をご利用する上で、また当Webサイト閲覧などにお役立てください。

ひらがな

アルファベット

回答

OSI参照モデル

「OSI参照モデル」とは、「通信を実現するためのプロトコル(通信規約)を整理、分類するために、現在もっとも一般的に利用されている分類方式」のことである。

通信プロトコルは、細かくもモジュール化(部品化)、階層化されており、これらを組み合わせることで、一体として通信機能を果たすようにできています。これを「プロトコル・スイート(suite)」や「プロトコル・スタック(stack)」(プロトコル群の意味)といいます。
この通信プロトコルを整理、分類する方法として最も一般的に使われているのが、国際標準化機構(ISO)により制定されたOSI(Open Systems Interconnection)参照モデルで、通信機能を7階層に分類しています。
通常は、第1層を最下層として、第7層まで上に向かって表記されています。

・第7層:アプリケーション層
アプリケーションプログラムと通信プログラムとの間のデータの受け渡しを担当します。HTTPやPOPなどのプロトコルがこの層に入ります。
・第6層:プレゼンテーション層
データ形式の一致を図ります。
・第5層:セッション層
通信の開始から終了までの通信全般を管理します。
・第4層:トランスポート層
通信品質を高めるための制御を行います。TCPやUDPなどのプロトコルがこの層に入ります。
・第3層:ネットワーク層
発信元から宛先までデータを送り届ける役目を担います。IPやICMP、ARPなどのプロトコルがこの層に入ります。
・第2層:データリンク層
すぐ次の通信機器までの中継を受け持ちます。
・第1層:物理層
ケーブルやコネクタの形状、電気信号に関する内容が規定されます。イーサネットなどがこの層に入ります。

第2層よりも上が、ソフトウェアにより実現され、第1層はハードウェアで実現されます。第5層以上をまとめて「上位層」と呼ぶことがあります。

ScanNetSecurity

SecureStarのサービス一覧

  • WebAlert
  • AlertMe
お問い合わせ
ISMS